虚血性心疾患

どんな病気?

心臓の筋肉(心筋)に十分な酸素を供給できなくなる虚血性心疾患には、心筋の酸素不足が原因となる疾患で、主に狭心症と心筋梗塞のことをいいます。

狭心症は心筋に酸素を供給している動脈(冠動脈)に動脈硬化を生じ、細くなることで発症するタイプと、冠動脈が痙攣を起こすことで発症するタイプが原因のほとんどです。前者は、階段や坂道を登った時などに胸部の痛みや圧迫感、呼吸困難といった症状がみられます。後者は、夜間や早朝、また寒冷刺激や喫煙などがきっかけとなり、冠動脈が痙攣を起こして細くなったり閉塞したりすることで胸部症状が出現します。

心筋梗塞は冠動脈が閉塞して血液の流れが完全に途絶えることで発症し、多くの場合、胸部の痛みや圧迫感が持続します。心臓の筋肉はある程度の血液の供給があれば壊死(心筋細胞が死んでしまうこと)することはありませんが、冠動脈が完全に閉塞し血流が途絶えてしまうと、時間とともに心筋細胞は壊死におちいります。この際、広い範囲での心筋壊死が起こった場合、心臓の働きが急激に低下し心不全(全身に血液を十分に循環させることができない状態)を合併し、場合によっては致命的となることもあります。そのため、早期診断、早期治療が必要となります。

上述のように、虚血性心疾患では胸部症状が主体となりますが、必ずしも典型的な胸痛が出現するわけでなく、肩の痛みやだるさ、歯痛などの症状のこともあります。また、糖尿病や、腎障害のある患者さんは、痛みが出ないこともあり、注意が必要です。虚血性心疾患を起こしやすい因子として、糖尿病、高血圧、脂質代謝異常、たばこなどがあります。これらに思い当たる方で、心臓のことが気になるようでしたら、主治医や専門医にご相談されることをお勧めいたします。

ページトップへ戻る

診断方法

虚血性心疾患の診断方法は、心電図(負荷心電図、ホルター心電図を含む)、胸部レントゲン写真、心エコー検査、心臓シンチグラム、心臓カテーテル検査などがあります。心電図、レントゲン、心エコー、心筋シンチグラムなどは外来診察の場で、短時間でできる検査であり、また患者さんにも負担がかかることはほとんどありません。

図症状や、これらの検査の結果で、虚血性心疾患が強く疑われた場合、確定診断をするにあたって心臓カテーテル検査による冠動脈造影を行うことがあります。これは、カテーテルと呼ばれる細い空洞のチューブ(直径2-3mm程度)を用いて心臓の筋肉を栄養している冠動脈を映し出します。これを行うことにより、冠動脈が細くなっていないかどうか、あるいは閉塞していないかどうか明らかとなります。カテーテル検査は、以前には主に足の付け根からカテーテルを出し入れしていましたが、最近は手首や肘から出し入れすることが多くなり、検査を受けられる方の負担も軽減しています。安全性もかなり確立されており、カテーテル検査の時間もほとんどの場合30分程度で終了します。検査に際して、極めてまれですが、脳梗塞や心筋梗塞といった重篤な合併症が生じることがあり、検査を受けるにあたっては、主治医とよくご相談いただくことが必要です。

また、最近は、CT(コンピュータ断層撮影)で、冠動脈の評価がかなりできるようになってきました。患者さんの負担もカテーテルと比較し、軽いことがほとんどですが、冠動脈に重度の石灰化病変(動脈硬化の一種)を認める場合など、評価がうまくできないこともあります。また、造影剤使用量が若干多めに必要となります。造影剤は腎臓に負担となるため、腎臓の悪い方へは検査に際して、注意が必要となりますので、医師とよく相談することが必要です。

ページトップへ戻る

狭心症および心筋梗塞の治療には主に下の四種類の方法があります。

[1]薬物療法:薬物療法は血液を固まりにくくする薬剤、血管拡張剤、心臓の負担を減らす薬などを使用することにより胸部の痛みや圧迫感といった狭心症発作を抑える治療ですが、冠動脈の狭窄が残存するため、完全に発作を予防することができない場合もあります。

日本循環器学会心筋梗塞二次予防に関するガイドライン(2006年改訂版)においては、下記の薬剤が心筋虚血の解除目的に対して推奨されております。
労 作 性 :β遮断薬、硝酸薬、ニコランジル、Ca拮抗薬
冠攣縮性:硝酸薬、ニコランジル、Ca拮抗薬

[2]経皮的冠動脈形成術(PCI):狭窄のある冠動脈や閉塞している冠動脈に対して、カテーテル法を用いて拡張する血管内手術のことで、用いる治療器具には風船(バルーンカテーテル)、網目状の金属の筒(ステント)などがあります。冠動脈バイパス術と違い比較的患者さんの肉体的負担が少なくてすみます(全身麻酔ではなく局所麻酔で行い、手術時間が短くすみます)。術後の入院期間も短く、繰り返し治療を行うこともバイパス手術に比べて容易です。しかし、頻度が少なくなったとはいえ、一度拡張した血管が再度細くなる再狭窄が従来治療で20〜30%の確率で生じ、その際には再度この治療を繰り返す必要があります。最近、使用されるようになった薬剤溶出性ステントは、再狭窄率が5%程度まで減りましたが、長期間に渡る抗血小板薬(血液を固まりにくくする薬剤)の服用が必要となります。そのため、近々に手術の予定が迫っている方などへはこのステントを使用できないことがあります(手術の際には、抗血小板剤の中止が必要であることが多いため)。PCIが適していると考えられる方でも、どのような治療が最適であるかは、個々の病変背景や、患者さんの事情により異なります。治療に際して、よく医師と相談することが必要です。

安全性も高い治療法ですが、血管の中を通すガイドワイヤーや風船により血管が破裂することや、風船を拡張したことによりその部位に急激な閉塞が起こり、緊急バイパス術が必要になることもあります。また、狭窄の部位や形態によってはPCIが行えない場合もあります。PCIが成功した場合でも、再発予防や、予後改善には生活習慣の改善が第一であることには変わりなく、薬物療法もあわせて行う必要があります。

心筋梗塞の患者さんに経皮的冠動脈形成術を行った画像を示します。左の写真のように、右冠動脈が閉塞しているところに対して、真ん中の写真に示すように、風船拡張し、更にステントを留置し、最終的に右の写真のように右冠動脈全体に血流が改善しています。

また、当院では、積極的に冠動脈内を超音波装置で観察し、治療成績の向上に役立てております。最近の後方散乱を使用した超音波技術により、左の白黒画像だけでなく、右のカラー写真のように、動脈硬化の病変の特徴をさらに詳しくつかむことが可能です(青色が脂質成分、黄緑が線維成分で、脂質成分が多いほど急性冠症候群を起こしやすいプラークとされてます)。

[3]冠動脈バイパス術:狭窄や閉塞している冠動脈の先にバイパスと呼ばれる血管をつなぐことにより、冠動脈の血液の流れを確保する治療法です。ほとんどの場合、全身麻酔が必要な手術ですが、経皮的冠動脈形成術と比べて、術後再度手術を必要とする確率が低く、経皮的冠動脈形成術が行えない症例や経皮的冠動脈形成術で再狭窄を繰り返す症例に行うことができます。また、近年は安全性も極めて高くなっています。

バイパス術は、一般的に入院期間も経皮的冠動脈形成術と比べると長く、また肉体的負担も大きくなります。また手術が成功した場合でも、ある程度の薬物療法の継続が必要です。

[4]心臓移植:特殊なケースに対して検討される場合があります。

※ 写真は、患者様本人の掲載の許可をとって使用しております。

ページトップへ戻る

医療関係の方へ

医局について

研修プログラム

スタッフ紹介

研究について

連携病院

学会・研究会

同門会へのログインはこちら

お問い合わせはこちら