心臓弁膜症

心臓弁膜症とは

心臓と心臓弁の役割

心臓は、全身に血液とともに酸素を供給する、ポンプのような役割をしており、1分間に 5〜10 リットルもの血液 (1日の量に換算すると心臓は10,000リットル(家庭用浴槽の50杯分)を規則正しく全身に循環させています。 血液は、動脈血と静脈血に分けられ、全身の各組織へ行きわたり酸素を届けたあと静脈血とよばれます。静脈血は大静脈を通り右心房から心臓内へ戻ります。このあと静脈血は右心房から右心室→肺動脈を通って肺に送られます。静脈血は肺で酸素を補充し今度は動脈血となり、動脈血は左心房から左心室へ送られ、大動脈から全身に送られ、各組織へ酸素を届けます。

心臓内は右心房・右心室・左心房・左心室の4つの部屋に区切られており、この区切りの間にそれぞれ弁が存在し、血液の循環を調整しています。

右心房と右心室の弁が「三尖弁」、右心室と肺動脈の間の弁が「肺動脈弁」です。また、左心房と左心室の間にあるのが「僧帽弁」、左心室から大動脈の間にあり全身への血液の循環を調整するのが「大動脈弁」です。

心臓という循環ポンプの部品である弁の故障が心臓弁膜症である

心臓弁膜症とは、これら4つの弁が何らかの原因で故障した結果おこる心臓のポンプ機能障害であり、このポンプ機能障害が、動悸や息切れ、疲れやすい、胸痛、呼吸困難、むくみなどの心不全の症状として現れてきます。しかしながら、弁の故障はほとんどの場合ゆっくりと進行していくので、初期には、自覚症状がない場合もあり、健康診断ではじめてみつかる場合も多く見受けられます。弁膜症は自然に治ることはないので、心不全が進行する前に治療をすることが非常に大切です。

心臓弁膜症の種類

弁膜症は故障の仕方:「=どういうふうに壊れているか」により、大きく「逆流型(閉鎖不全症)」と「狭窄型(狭窄症)」に分類できます。 また、弁膜症の原因:「=なぜ壊れたか」は、先天性(二尖弁、先天性心疾患)と後天性(リウマチ熱、動脈硬化、心筋梗塞、膠原病など)がありますが、原因を特定できないものも多くあります。高齢化の進む現代では、動脈硬化の進行の結果、大動脈弁が硬くなり、うまく開かなくなる「大動脈弁狭窄症」や、弁の組織が弱くなって起きる「僧帽弁閉鎖不全」の患者数が増加しています。

ページトップへ戻る

診断方法

まずは循環器内科外来に受診してください。自覚症状の程度やこれまでの病歴など弁膜症の診断に必要な問診や聴診を行うとともに、心電図・胸部レントゲン・心エコー(心臓超音波検査)など初期検査を行います。特に心エコーは心臓弁膜症の診断には非常に有用であるととともに、患者さんに苦痛を与えない検査として外来での心臓弁膜症の診断には重要な位置をしめます。外来での検査結果を総合して担当専門医が必要があると判断した場合は、入院が必要な検査(心臓カテーテル検査)をお勧めし、心臓カテーテル検査の結果をもってお薬で治療をつづけるのか(内科的治療)、手術をして弁をなおすのか(外科的治療)を決定します。手術をして弁をなおす場合は「心臓外科」に受診していただきます。

ページトップへ戻る

治療方法

故障した心臓弁をおくすりで治すことはできません。心臓弁膜症の内服治療の目的は、ポンプ機能障害の結果おこる心不全及びそれに伴っておこる症状(動悸など不整脈、息切れ、疲れやすい、胸痛、呼吸困難、むくみなど)の改善や緩和ならびに弁膜症の進行を遅らせることです。 故障した心臓弁自体をなおすには外科手術が必要です。手術には、弁を修復する「弁形成術」、また弁を完全に取り替える「弁置換術」があります。弁形成術か弁置換術のどちらの手術方法で弁をなおすかは、どの弁がどのように悪くなっているのかを確認して、心臓外科医師が判断します。最終的には、手術時に実際に弁を見て決定します。

ページトップへ戻る

医療関係の方へ

医局について

研修プログラム

スタッフ紹介

研究について

連携病院

学会・研究会

同門会へのログインはこちら

お問い合わせはこちら