末梢動脈疾患

どんな病気?

PADは、足や手の動脈(末梢動脈)が狭くなったり詰まったりして血液の流れが悪くなりさまざまな症状を引き起こす病気です。日本では、動脈硬化の進展による「閉塞性動脈硬化症」や原因不明も症状増悪に喫煙が関与している「バージャー病」が見られます。加齢により、誰でも血管は硬くもろくなっていきますが、糖尿病や高血圧、高脂血症などがあれば、「動脈硬化」はさらに進展します。症状としましては、しびれや痛みがあり、ひどくなれば皮膚潰瘍ができたり、壊死したりする事もあります。正確な患者数は把握されていませんが、約600万人以上が罹患していると推測されています。血管の病気のため、血管外科や循環器内科で診療されます。

ページトップへ戻る

重傷度分類

動脈硬化による血管の変化は、気付かない間にゆっくり進行していくため、症状が非常に悪化してからPADと診断されることも珍しくありません。一般的に重症度に関しては下記のフォンティン分類が使われます。

ステージ(重症度) 臨床症状
I度 足が冷たい、しびれる、皮膚が蒼白になる
II度 ある程度歩くと足(筋肉)が痛くなり歩けなくなるが、しばらく休むと歩けるようになる(間歇性跛行)
III度 安静にしていても足が痛む
IV度 皮膚がただれたり(潰瘍)、黒く変色したりする(壊死)

PAD以外にも脊柱管狭窄症や骨・関節疾患や深部静脈血栓症などで足の痛みを生じます。脊柱管狭窄症では、しばらく歩くと足の痛みにより歩けなくなるのは同じですが、屈む姿勢で休むとまた歩けるようになります。骨・関節疾患による痛みは歩き始めから痛みを伴いますし、深部静脈血栓症は、歩いているときより立ち止まった際に痛みが出現します。年のせいだからと自己判断なさらずに病院でご相談される事をお勧めいたします。

ページトップへ戻る

PADの診断法

1. 脈拍の強弱の確認および血管雑音の聴取
足の付け根(鼠径部)、ヒザの裏(膝下部)、足首や足の甲(足背部)で脈を触れたり、聴診器で聴診する事により、動脈が狭くなっているか、あるいは詰まっているかを調べます。患者さんの苦痛もなく簡単に行なえる有用な検査です。

2. 血流検査
血管狭窄や閉塞が疑われたら、ドップラー血流計や脈波計を用いて、足首と上腕の血圧を測定します。健康な人では上肢と下肢の血圧はほぼ同じです。しかし、下肢の動脈に狭窄や閉塞があると下腿部最高血圧/上腕動脈最高血圧比:ABPIは低下します。ABPIが0.9以下であると閉塞性病変の存在が疑われます。

3. 医療機器による血管閉塞性病変に対する精密検査
さらに、サーモグラフィーによる皮膚温の測定、TcO2による組織酸素分圧測定、CTスキャンやMRIやMRAや下肢動脈造影検査により血管病変の形態学的検査を行ない、確定診断のもとに治療方針を決定していきます。

ページトップへ戻る

PADの治療法

1. 薬物療法は、最も基本的な治療法であり、軽症から重症に至るまで全ての段階で目的に応じて至適薬剤が選択されます。代表的な薬剤として、抗血小板薬(動脈の詰まりの原因となる血小板の働きを防ぐ作用)、抗凝固薬(血液が固まりにくくする作用)、末梢血管拡張薬(血栓を作りにくくする作用と、血管を拡張する作用)があります。

2. 理学療法は、軽いジョキングなどの筋肉運動を行なうことにより、血流が乏しい筋肉で血流を増加させるための毛細血管(側副血行)の発達を促し、足への血流を増加させる治療法です。

3. 外科的手術療法は、狭くなったり詰まってしまった動脈の先に十分な血液が流れるように人工血管や患者さん自身の血管を用いて血管をつなぎ合わせて迂回路を作成する「動脈バイパス術」と言われるものです。→名大血管外科ホームページへ

4. 最近では、局所麻酔下にカテーテルと呼ばれる細い管で血管病変を治療する「血管内治療」が発達してきています。X線透視下に血管病変に風船のついたカテーテルを挿入し、血管内から風船を膨らませ血管の拡張を行ないます。風船治療で十分な拡張を得られない場合には、「ステント」と呼ばれる金属の筒を用いて拡張を保ちます。治療翌日からは歩行も可能であり、外科手術に比べ患者さんへの負担が少ない治療ですが、治療適応に制限があります。→名大血管外科ホームページへ

5. PADに対する治療法は、著しく進歩しています。しかしながら、既存の治療法では、十分な治療効果が得られず、下肢切断が余儀なくされる重症患者さんも見られます。このような重症例に対して、我々の施設では自己骨髄から抽出した血管内皮へ分化する前駆細胞分画を患部へ移植する「血管新生療法」を行なっています。移植と言いましても自己骨髄細胞のため拒絶反応といった免疫系への副作用がない事が特徴です。

ページトップへ戻る

血管新生療法の開発および臨床導入

重症虚血肢に対する自己骨髄単核球細胞移植による血管新生療法

Therapeutic Angiogenesis by Cell Transplantation:TACT Study

近年、我が国において、食生活の欧米化・高齢化社会に伴い動脈硬化を基礎とする末梢動脈疾患(PAD)患者数は増加しています。また既存の治療法では治癒せず虚血肢切断を余儀なくされている重症例も見られます。我々は、度重なる基礎実験の末に自己骨髄から抽出した血管内皮へ分化する前駆細胞分画を移植することにより虚血組織における血管新生が増強する治療法を開発しました。移植と言いましても、本治療は自己骨髄細胞を用いるため、免疫学的拒絶反応の影響が無視できる安全性の高い治療法といえます。

これら理論的・実験的根拠に基づき2000年より臨床導入されたものが、TACT Studyです。2002年には、多施設臨床研究としてその治療有効性および安全性が報告されました。

ページトップへ戻る

医療関係の方へ

医局について

研修プログラム

スタッフ紹介

研究について

連携病院

学会・研究会

同門会へのログインはこちら

お問い合わせはこちら