虚血性心疾患

いわゆる「心筋梗塞」や「狭心症」をまとめて「虚血性心疾患」といいます。「虚血」とは「血が足りない状態」の意味で、心臓の筋肉に酸素や栄養を運ぶ冠動脈が動脈硬化のために狭くなったり、血管のけいれんなどで、血液が十分に心臓の筋肉にいきわたらなくなったとき、心臓は虚血状態となり、胸痛・息苦しさなどの症状としてあらわれます。

詳しくはこちら

ページトップへ戻る

不整脈

心臓の拍動の頻度やリズムが一定でない状態の総称です。
一口に不整脈といっても様々な種類が存在し、動悸などの自覚症状を全く伴わないものや、自覚症状があっても危険でないものから、心臓のポンプ機能の低下を伴ったり、突然死の原因となるような生命の危険につながる重いものまであります。

詳しくはこちら

ページトップへ戻る

メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームとは、直訳すると体の代謝に異常が起き、高血糖や高血圧、脂質代謝異常(高脂血症など)が同時に引き起こされる状態です。これらの危険因子はそれぞれひとつでも脳梗塞や心筋梗塞などの発症の危険性を高めますが、メタボリックシンドロームの患者さんのようにいくつも重なると、さらに危険が増幅し脳梗塞や心筋梗塞などが発症しやすくなります。

詳しくはこちら

ページトップへ戻る

高血圧症

高血圧症は血圧が高い状態が持続する病気です。多くは特別の自覚症状を伴いませんが、長期間放置すると脳卒中や心筋梗塞、腎不全など動脈硬化による恐ろしい病気の原因となったり、心臓肥大をおこしたりするので、血圧を厳格にコントロールすることが必要です。このため、高血圧症はサイレント・キラー(静かなる暗殺者)とも言われています。日本には患者さんが約4000万人弱いると言われています。

詳しくはこちら

ページトップへ戻る

心不全

さまざまな心臓病や、心臓以外の原因により、全身が必要としている血液量を心臓が十分送り出せなくなった状態を総称して心不全と言います。息切れ、倦怠感、動悸などの症状がでたり、血液の渋滞(うっ血)が生じ、呼吸困難や全身のむくみが生じてきます。末期に至ると生命の危険を伴います。心不全は病名というより状態の名称であって、心不全の原因となる病気は多種多様です。

詳しくはこちら

ページトップへ戻る

先天性心疾患

生まれつき心臓や心臓のまわりの血管の形や接続に異常がある病気のことです。だいたい100人に1人の割合で起きると言われています。非常に多くの種類があり、頻度の多いもの、非常に珍しいもの、生まれてすぐに生命に関わる重症のもの、異常はあってもそのまま生活できる軽いものまで様々です。

詳しくはこちら

ページトップへ戻る

心臓弁膜症

心臓は内部が4つの部屋(左右の心房・心室)に分かれています。各部屋の出口には血液を一方向だけに流す扉構造(弁)があります。この扉が何らかの原因によって壊れて開かなくなったり閉じなくなって血液の通過障害や逆流が起きると、心臓に非常に負担がかかります。これが心臓弁膜症です。心臓には4種類の弁があり、障害される弁によって出てくる症状が異なります。

詳しくはこちら

ページトップへ戻る

末梢動脈疾患(PAD)

全身の動脈の中でも特に手足に血液を届ける動脈に動脈硬化症や炎症がすすんで血管が狭くなったりつまったりすることで、手足に血行不良が起こる状態です。症状としては手足のしびれや痛み、悪化すると皮膚の色が変色したり潰瘍ができ、ひどい場合には四肢が壊死したり生命に危険が及ぶこともあります。

詳しくはこちら

ページトップへ戻る

肺高血圧症

静脈から帰って来た血液は右心房・右心室から肺動脈を通って肺へ送られます。肺では、二酸化炭素を血液から除き、酸素を血液に送りこみます。全身の血圧が約120/80であるのに対し、通常は肺動脈の血圧は30/15程度でしかありません。この肺動脈血圧が何らかの原因で高くなった状態が肺高血圧症です。

詳しくはこちら

ページトップへ戻る

肥大型心筋症・拡張型心筋症

何らかの原因で心臓の筋肉細胞が傷んで心臓のポンプ機能低下に至ったもののうち、その原因がはっきりしないものをまとめて「特発性心筋症」と呼びます。心筋症はいくつかに分類されますが、心臓が著しく拡大し壁が薄くなって収縮できなくなる「拡張型心筋症」や、逆に壁が著しく厚くなることで拡張が障害される「肥大型心筋症」などが含まれます。

詳しくはこちら

ページトップへ戻る

心内膜・心筋・心外膜疾患

その他の大事な心臓の病気がいくつかあるのですが、それぞれの病気は原因的にはあまり関連がなくまとまりがありません。そこでそれらの成り立ちが心臓の内側の膜(心内膜)を中心に起こっているか、あるいは心臓の筋肉細胞で起こっているか、心臓の外側の膜(心外膜)を中心に起こっているか、という場所に基づいて分類して、この中でまとめてとりあげています。

詳しくはこちら

ページトップへ戻る

医療関係の方へ

医局について

研修プログラム

スタッフ紹介

研究について

連携病院

学会・研究会

同門会へのログインはこちら

お問い合わせはこちら