心臓超音波検査

心臓超音波検査(心エコー)は、心臓機能を評価しなんらかの心臓の疾患が存在するかどうか(基礎心疾患の有無)を確認するのにまず行なわれる基本検査です。痛みを伴わず、短時間で重要な情報を得られ、安価で行なえます。
特に心臓の形態や大きさ、心臓収縮・拡張機能の評価、弁膜症・心筋の肥大・先天性心疾患の有無、心筋梗塞の梗塞部位などの診断に有用です。機器の進歩により、かなり高度な評価も可能になっています。

問題点として、肥満や肺気腫を有する方など、心臓が見えづらい場合もあります。

ページトップへ戻る

医療関係の方へ

医局について

研修プログラム

スタッフ紹介

研究について

連携病院

学会・研究会

同門会へのログインはこちら

お問い合わせはこちら