心臓電気生理学検査

足の付け根の大腿静脈や、鎖骨の下を通る鎖骨下静脈より電極カテーテルを心臓内に挿入し、心臓の中の電気回路を調べることにより詳細な不整脈の診断を行うための検査です。
対象となる不整脈は脈のゆっくりとなる徐脈から脈の速くなる頻拍まですべての不整脈が対象となります。

この検査により、徐脈性不整脈のペースメーカー治療の必要性を検討し、同時にペースメーカーの設定を最適化することが可能となります。また頻脈性不整脈であれば、詳細な機序を解明したり、薬物の有効性を判断したりすることが出来ます。当院で数多く行われているアブレーション治療でも、正確な不整脈診断を得た上で、より有効性と安全性の高い治療を行うため、電気生理学的検査は不可欠な検査となっています。

また、原因不明の意識消失のうち、不整脈が原因と疑われる場合においても、電気生理学的検査が適応となることがあります。
尚、この検査は侵襲的検査であるため入院が必要であり、また事前に他の検査を十分行った上で、その適応について慎重に判断していくこととなります。

ページトップへ戻る

医療関係の方へ

医局について

研修プログラム

スタッフ紹介

研究について

連携病院

学会・研究会

同門会へのログインはこちら

お問い合わせはこちら