心臓カテーテル検査

カテーテルとは細い管(くだ)のことです。これを脚の付け根や腕または手首などの動脈・静脈から体の中に入れ、血管に沿って先端を心臓までもってきて心臓の中の部屋(心室や心房)や血管を造影剤を用いて撮影したり、心臓の中の圧を測ったりする検査を総称して心臓カテーテル検査といいます。
検査はカテーテル挿入部の局所麻酔下で行います。カテーテルチューブは柔らかい素材でできていて、用途に応じていろいろな形、種類があります。例えば、心臓に栄養を与えている冠状動脈の撮影に使うカテーテルは、普通は直径約1.5ミリ、長さ110センチです。

カテーテル検査では、血管の形・走行・狭いところ(動脈硬化)、詰まっているところ(心筋梗塞)の有無や、その程度がわかります。狭心症や心筋梗塞は冠状動脈が狭くなったり、詰まったりする病気ですが、こうした病気が疑われるときには、カテーテルを通じて冠状動脈内に造影剤を注入し、それを写真にとり、どの血管にどの程度の病変があるかを調べます。また心臓の心室という部屋に造影剤を注入することによって、心室の大きさや動き方を知ることができます。弁逆流の場合は、心臓の部屋の中に造影剤を入れ、もれてくる造影剤を写真にとることで、逆流の場所やその程度を確かめることができますし、弁狭窄のときは、弁を介して心臓の小部屋間にどの程度の圧の差があるかをカテーテルで測定します。

このように心臓カテーテル検査は、多くの心臓病の診断や治療法を決める際に重要な情報を与えてくれる極めて大切な検査法です。しかしながら、過去に造影剤でアレルギー反応の出た方、その他の薬剤でアレルギーが出た方、過度の腎臓障害のある方、何らかの理由で出血が止まりにくい方、一部の糖尿病の薬を内服しておられる方などは検査が出来ない場合がございますので、主治医とよくご相談ください。

ページトップへ戻る

医療関係の方へ

医局について

研修プログラム

スタッフ紹介

研究について

連携病院

学会・研究会

同門会へのログインはこちら

お問い合わせはこちら