名古屋大学循環器内科

スタッフ紹介

スタッフ紹介

室原 豊明
(むろはら とよあき)

循環器内科 教授

出身大学
熊本大学 (1985年卒)

専門医
医学博士,日本循環器学会循環器専門医,日本内科学会認定内科医,欧州心臓病学会(F.E.S.C),日本循環器学会フェロー(F.J.C.S)
専門分野
循環器内科,虚血性心疾患,血管生物学,再生医学
コメント
九州は熊本の出身です。「再生医療」や血管に関する研究に興味を持っています。また最近では「臨床疫学研究」にも力を入れています。どうぞよろしくお願い申し上げます。

因田 恭也
(いんでん やすや)

循環器内科 准教授

出身大学
名古屋大学 (1988年卒)

専門医
医学博士, 日本循環器学会循環器専門医, 日本内科学会認定内科医
専門分野
循環器内科, 不整脈, 心不全
コメント
心房細動、心室細動などの不整脈に対する心筋焼灼術(アブレーション)や除細動器植え込み(ICD)、重症心不全に対する心臓再同期療法など、薬物療法だけでなくデバイスを用いた治療も積極的に行い、患者さんの生命予後や生活の質の改善を目指しております。

坂東(暮石) 泰子
(ばんどう(くれいし) やすこ)

循環器内科 講師

出身大学
三重大学 (1992年卒)

専門医
医学博士, 日本循環器学会循環器専門医, 日本内科学会認定内科医, 日本医師会認定産業医, 日本循環器学会フェロー(F.J.C.S), アメリカ心臓協会フェロー(F.A.H.A), 欧州心臓病学会フェロー(F.E.S.C)
専門分野
糖尿病性心血管不全, 腫瘍循環器(がん化学療法関連心血管病)
コメント
最新の臨床エビデンスに基づく診療だけでなく、患者さんに寄り添った丁寧な診療を心がけております。特に糖尿病をお持ちの方、癌化学療法に関連して心血管病が心配な患者さんはいつでもご相談ください。また外来医長を担当しております。外来診療でお気づきの点があれば何なりとご相談ください。

石井 秀樹
(いしい ひでき)

循環器内科 講師

出身大学
名古屋大学 (1995年卒)

専門医
医学博士, 日本内科学会総合内科専門医, 日本循環器学会循環器専門医・フェロー(F.J.C.S), 日本心血管インターベンション治療学会施設代表医, 日本心臓病学会フェロー(F.J.C.C), アメリカ心臓協会フェロー(F.A.H.A), 欧州心臓病学会フェロー(F.E.S.C)
専門分野
虚血性心疾患, 冠動脈インターベンション
コメント
虚血性心疾患について、各学会でのガイドラインに基づいた最新で適切な治療を行っております。また、当施設からの研究結果も、様々なガイドラインに引用されており、大学ならではの臨床・研究にこころがけております。
外来患者さんをご紹介いただく際には、病診連携室を通じていただくと、患者さんをお待たせすることなく、スムーズな診察が可能ですので、是非ご活用ください。

竹藤 幹人
(たけふじ みきと)

循環器内科 助教

出身大学
名古屋大学 (1998年卒)

専門医
医学博士, 日本循環器学会循環器専門医, 日本内科学会総合内科専門医
専門分野
循環器内科
コメント
臨床・研究・教育の活動を通して、地域の医療に貢献することを目指しております。

奥村 貴裕
(おくむら たかひろ)

重症心不全治療センター 重症心不全治療センター副センター長 病院講師

出身大学
名古屋市立大学 (2000年卒)

専門医
医学博士, 日本内科学会総合内科専門医, 日本循環器学会循環器専門医, 日本救急医学会救急科専門医, 日本抗加齢医学会抗加齢医学専門医, 日本移植学会移植認定医, 日本心臓リハビリテーション学会心臓リハビリテーション認定医・指導士, 日本医師会認定産業医, 欧州心臓病学会フェロー (F.E.S.C)
専門分野
心不全, 心筋症, 補助人工心臓, 心臓移植
コメント
心不全は身不全であり,心臓のSpecialistでありながらGeneralistとしての視点から,全人的な包括管理が必要です。
心筋症発症の機序や機能回復のメカニズムを探求しつつ,他科・他職種との協働で,心不全パンデミックと闘います。

清水 優樹
(しみず ゆうき)

循環器内科 助教

出身大学
名古屋大学 (2001年卒)

専門医
医学博士, 日本内科学会認定内科医, 日本医師会認定産業医
専門分野
循環器内科, 血管新生療法, 再生医療
コメント
エビデンスに基づいた標準治療とともに、進歩を続ける循環器先端治療を適切に提供できますように、取り組んでおります。どうぞご相談ください。

森本 竜太
(もりもと りょうた)

循環器内科 病院助教

出身大学
山口大学 (2003年卒)

専門医
医学博士, 日本循環器学会循環器専門医, 日本内科学会総合内科専門医
専門分野
重症心不全, 心サルコイドーシス
コメント
心不全グループに属し、主に重症心不全患者の診断、治療を行っております。
また2016年からは心サルコイドーシスに対する臨床介入研究を行っており、
臨床で生じた問題・疑問に対する答えを臨床研究を通して導きだし、少しでも医学に貢献が出来るよう努めてまいります。

田中 哲人
(たなか あきひと)

循環器内科 助教

出身大学
名古屋大学 (2004年卒)

専門医
医学博士, 日本内科学会総合内科専門医, 日本循環器学会専門医, 日本心血管インターベンション治療学会専門医, 欧州心臓病学会フェロー(F.E.S.C)
専門分野
循環器内科, 虚血性心疾患, 冠動脈インターベンション, SHD(心構造疾患)インターベンション
コメント
虚血性心疾患だけでなく、最近ではTAVI(経カテーテル的大動脈弁留置術)、ASD(心房中隔欠損症)、PDA(動脈管開存症)閉鎖などのSHDインターべンションにも力を入れています。いつでもお気軽に相談いただければと思います。

加藤 勝洋
(かとう かつひろ)

循環器内科 病院助教

出身大学
名古屋大学 (2004年卒)

専門医
医学博士, 日本内科学会認定内科医
専門分野
循環器一般, 血管生物学
コメント
近年、血管も内分泌器官の1つとして認識され、心不全、動脈硬化、肺高血圧症などの循環器疾患との関連が注目されています。血管からのシグナルに着目して新しい診断法・治療法を開発するための研究を進めております。研究および診療を通じて患者様のお役に立てればと考えております。

足立 史郎
(あだち しろう)

循環器内科 病院助教

出身大学
福井大学 (2006年卒)

専門医
医学博士, 日本内科学会総合内科専門医, 日本循環器学会循環器内科専門医, 日本医師会認定産業医, Master Degree of University of Bologna(イタリア)
専門分野
肺高血圧症, 経カテーテル的肺動脈形成術(BPA)
コメント
地域の肺高血圧症診療の活性化に取り組んでいます。診断治療の難しい難病ではありますが、関連病院との連携、他科との連携と大切にし、広い視野で取り組めるチーム診療を目指しています。主に肺動脈性肺高血圧症、慢性血栓塞栓性肺高血圧症の診断・治療を専門的に行っています。

古澤 健司
(ふるさわ けんじ)

臨床検査医学 助教

出身大学
名古屋大学 (2006年卒)

専門医
日本内科学会総合内科専門医, 日本循環器学会循環器専門医, 日本心血管インターベンション治療学会認定医, 日本超音波医学会超音波専門医, 日本心エコー図学会SHD(心構造疾患)のための心エコー認証医
専門分野
心不全・構造的心疾患(弁膜症・心房中隔欠損症など)の診断と治療, 心臓超音波検査、カテーテルインターベンション
コメント
心エコー検査による疾患の診断と生理検査技師や学生の指導に携わっています。また、外科手術より低侵襲な治療として、経食道心エコーをガイドに行う弁膜症や先天性心疾患のカテーテル治療を提供したいと思っております。

藤川 裕介
(ふじかわ ゆうすけ)

卒後臨床研修キャリア形成支援センター 病院助教

出身大学
名古屋市立大学 (2006年卒)

専門医
日本内科学会認定内科医, 日本循環器学会循環器専門医
専門分野
医学教育, 内因性心筋再生療法の研究
コメント
研修医教育と基礎研究を行っております。研究では生後心筋細胞の分化と増殖についての基礎研究を行っております。

近藤 徹
(こんどう とおる)

循環器内科 病院助教

出身大学
名古屋大学 (2008年卒)

専門医
医学博士, 日本内科学会総合内科専門医, 日本循環器学会循環器内科専門医, 日本医師会認定産業医, 日本移植学会移植認定医, 日本心臓リハビリテーション学会認定指導士
専門分野
心不全, 補助人工心臓, 心臓移植, 心臓リハビリテーション
コメント
心不全を中心に、患者さんごとに応じた適切な治療を心がけ、生活の質・生命予後の改善を目指して治療に取り組んでおります。重症心不全に対しては、外科との連携のもと、植込型左室補助人工心臓や心臓移植の診療にあたっています。

平岩 宏章
(ひらいわ ひろあき)

救急科・内科系集中治療部 病院助教

出身大学
名古屋大学 (2009年卒)

専門医
医学博士, 日本循環器学会循環器専門医, 日本内科学会総合内科専門医, 日本心臓リハビリテーション学会認定指導士, 日本医師会認定産業医
専門分野
心不全, 心臓リハビリテーション
コメント
体外式補助循環(ECMO、IMPELLA)や、植込型左室補助人工心臓(LVAD)の治療を必要とされる重症心不全の患者様の治療に携わっております。一人でも多くの患者様のお役に立てるよう、診療を行ってまいります。

一般の方へ